So-net無料ブログ作成
検索選択

"親父の背中”と“自分の背中” [AV]

今夏の再注目ドラマ"親父の背中
TBS系2014.7.13、21:00-放送開始。
1話完結の10のオムニバス
すべてオリジナル脚本。

公式HPには「紡ぐ」と書かれているので、
10のオムニバスがどこかここかで絡み合い、紡がれていくのでしょう。

"親父の背中"というドラマタイトルで、
若干、出落ち的な感じもありますがw、
世の中、変わらないものもあっていいのです。
かっこいい親父の背中、
切ない親父の背中、
すこし情けない親父の背中、
いろんな親父の背中を魅せてくれるのでしょう。

重松清さん原作の「とんび」というドラマがありました。
NHKとTBSでドラマ化されるという異例の人気ぶり。
アラフォーが見ちゃうと。。。やばかったですね〜
仕事に打ち込み、妥協を許さない親父、
もっとまわりとうまくやっていけよー、こどもじゃないんだからー、でもその気持ち分かるぞー、
みたいな。。。
どこか子離れできない親父、
分かるけどなー、分かるけどなー、親子だもんなー、
みたいな。。。

「とんび」とはまた違う"親父の背中”を魅せてくれることを期待しておりますっ!
だって、作家陣と出演陣が、
実力ありありの人気ありありなのだから。

そんななかアラフォー男子が注目したのは。。。
やはりぃ、大泉洋さん!
(^^)

あらっ!?
三谷幸喜さんの回じゃぁないんですねー
やはりぃ、三谷さんからぁ、
「君(大泉)は橋田壽賀子ドラマにも出演して、三谷派じゃあなかったのか?」
「どっちに付くか、今すぐ決めろっ!」
と言われ、大泉さんはたじたじになり、はぐらかしたからですかねー
ま、三谷さんと大泉さんの一線級が奏でる、高級コントといった様相でしたが。。。
三谷幸喜さんは大泉洋さんが大好きで、
しかし、どこか嫉妬や妬みもあるようで。。。

トークもできて演技もできる。
汚れもできて歌も歌える。
そこには「笑い」「コメディ」という根底がありつづける。
まさしく、エンターテイメント
三谷さん自身、目指しているところでもあるのでしょうね。

話がそれちゃいましたが、"親父の背中”
田村正和さんと松たか子さんが16年ぶりに親子役で共演など、
話題も満載のようです。


追伸
大泉洋さんの伴侶となる奥さまと、
おつきあいされるきっかけとなったドラマ「ロスタイムライフ
こちらもアラフォー男子には涙ものです。
1話完結のオムニバスです。
ミスタさん、演出の回もありますし。
ぜひ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。